来年10月、消費税10%へ
増税による影響を和らげるための対策を各省庁に指示したというが、景気が悪化すると分かっていながら、なぜ消費税率アップを強行するのか。
いっそのこと消費税増税なんてやめればいいのだ。

思い起こせば、消費税を8%に引き上げた時も、景気は落ち込みました。
何兆円もの購買力を奪うのだから当たり前の話です。
しかも、安倍政権の6年間で実質賃金は下がり、社会保険料の負担増や所得税の控除縮小で可処分所得は減り続けているのです。どんな対策を講じたところで、小手先対応ではどうにもならない。今はまだ2020年の東京五輪需要で持っていますが、五輪後の大不況は避けられません。
そんな時に消費税を上げるなんて安倍さん、考えを改めて下さい!!