秋篠宮殿下の記者会見が波紋を呼ぶ!?

秋篠宮殿下がご自身の誕生日に行った記者会見が波紋を広げている。

新天皇の即位後に行われる重要な儀式である「大嘗祭」について、「宗教色が強いものについて、国費で賄うことが適当かどうか」と異例の批判が飛び出しました。
さらに、このご発言の内容を宮内庁の山本信一郎長官に伝えたことを明かしたうえで、「話を聞く耳を持たなかった」「非常に残念なことだった」と批判されました。政治的
な発言を禁じられている皇室が政府の決定に異を唱えるのは極めて異例のことです。

天皇陛下が2016年8月、生前退位の意向をにじませた「お気持ち」を表明したことで生前退位に否定的であった安倍官邸の怒りを買い、宮内庁の風岡典之長官(当時)が更迭されたという噂も…。
この更迭劇を間近で見ていた山本信一郎長官は、皇室ではなく安倍官邸の方を向いて仕事をしていたのかもしれません