首都圏外郭放水路・視察視察

2018年10月29日(月)

流域の洪水を軽減する首都圏外郭放水路の「地下神殿」と呼ばれている巨大な調圧水槽を見学しました。

★実はこの施設、日本初‼︎
→国の防災施設を官民連携で世界一の観光資源に育てる「民間運営見学システム」による社会実験が、平成30年8月から始まったのです。

★どんな施設なの?
→ 首都圏外郭放水路は、溢れそうになった中小河川の水を地下に取り込み、地下50メートルを貫く総延長6.3キロメートルのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路なんです。
日本が世界に誇る最先端の土木技術を結集し、平成18年6月に完成しました。

★効果の検証
→2015年9月9日、積乱雲が帯状に連なる線状降水帯が栃木県と茨城県の上空に停滞し、数日間に及ぶ集中豪雨をもたらしました。この時の豪雨により、茨城県常総市の鬼怒川左岸(東側)堤防が決壊しました。埼玉県東部でも豪雨が続き、惨事は避けられないとみられていました。ところが、春日部市などの一部地域が浸水した以外は大事には至らなかった。
なぜか?
春日部市内で350~360㎜の豪雨が降りました。その際、首都圏外郭放水路への洪水流入量は約1837万t、50mプールで約1万2247杯分という計り知れない量になりました。これらの状況から、春日部市を襲った豪雨は、堤防が切れた常総市以上だったと考えられます。それだけに被害を最小限にとどめた、外郭放水路の効果は評価しなければなりません。


江戸川区子ども家庭支援センター 〜楽しい子育て応援します!〜視察

2018年10月22日(月)

子ども家庭支援センターは、子育てや家庭についての相談や支援をする総合相談窓口です。
特に、児童虐待への対応件数は深刻で、平成29年度は601人となっています。虐待種別としては、ネグレクトが223名、心理的虐待が216名、身体的虐待が156名、そして性的虐待が6名となっています。

◼︎江戸川区児童相談所の開設

平成28年6月の児童福祉法改正により、新たに、23区でも児童相談所の設置が可能となりました。江戸川区では、この法改正をいち早く受け、「子どもは地域の宝であり、江戸川区の子どもは江戸川区で守る」ことを理念に、2020年4月から児童相談所を開設します。
江戸川区では2010年に小学1年の男児(7歳)が自宅で家族から暴力を振るわれ、死亡する痛ましい事件が起きました。
その後の検証で、学校と区、都の児童相談所の関係者はいずれも男児が以前から虐待を受けていることに気がついていたのに、情報の共有がされていなかったことが分かった。
行政の連携不足の反省を踏まえ、区は区営の児童相談所が必要と判断しました。