ホームドア早期設置請願の署名活動地域活動

2018年04月23日(月)

ホームドア早期設置請願の署名活動

視覚障がい者にとって、駅のホームは極めて危険な場所と言えます。日本盲人会連合が視覚障がい者252人に行ったアンケートによれば、駅のホームから「転落しそうになった」と答えた人は約60%に上り、実際に転落経験がある人は36.5%もいた。

〈周囲の人の「傍観」、「不注意」も事故の原因に!〉

ホームでの事故は、利用客の多い駅で頻発しています。ホームから転落、あるいは列車と接触する恐れがある視覚障がい者に、周囲の人が気づいたことがあっただろう。そのうちの誰かがひと声かけていれば救われた命もあったかもしれない。「誰かが助けるだろう」ではなく、「自分が助ける」という主体性を持って積極的に声をかけることが大切である。また、駅利用者の不注意が他の利用者のホームでの事故を引き起こす危険性もある。例えば、携帯電話・スマートフォンの操作に夢中になり前を見ずにホームを歩いている人や、キャスター付きのバッグを無造作に引っ張っている人をしばしば見かけます。これらの行為は周りの人、特に視覚障がい者にとっては通行の妨げとなり、ホームからの転落や列車との接触の原因にもなりうる。ホームを通行する人は、自分の何気ない行為が他の人を危険にさらすかもしれないという認識を持ち、十分注意を払う必要がある。

視覚障がい者をはじめとする駅利用者のホームでの事故を防ぐためには、ホームドアの早急な整備とともに、周囲の人の心配りやマナーの遵守が不可欠と言えます!!